ライン

History of  H'mets

2001年〜2010年    2011年  2012年   2013年  2014年  2015年

年月 ニュース 追記
2011年    ↑上へ
2011.01.16 悲願のマツダスタジアムでの試合は雪により中止。大阪ガンズメンバーとスタジアム見学。 残念だったが次回に持ち越し。
2011.01.22 H'mets22番を永久欠番にする。 メンバー一同より感謝。
2011.01.23 来週からのチーム練習に備え、精鋭8人が自主練習で汗流す。渡辺の背番号「8」、内野の背番号「13」が決定。 内野、ノックは苦手。川添、ジャンケン弱い。
2011.01.30 チーム初練習予定も大雪で中止。 でました広島ドカ雪。
2011.02.06 今期チーム初練習、18人の大人数で練習&紅白戦。来週の福岡遠征&国体予選ダブル開催に備え、メンバーが精力的に汗流す。冬場のメッツ恒例持久走は渡辺が断トツの1位、2位森井、3位児玉。内野、紅白戦でいきなり見事な3塁打、長打力見せる。即戦力新人翔太郎見学即入団決定、背番号「6」。紅白戦(5−1でメッツA勝利) 平山、大阪への転勤が決まった事をメンバーへ報告、一嘉のボール回しの球逃げる。新メンバーも加わりチームの「和」の広がり感じる。
2011.02.13 またもや大雪により前日企画の九州遠征中止、本日公式戦も中止、今年のメッツ活動はことごとく雪に邪魔されました。雪でもサッカーなら出来る!真っ白市大にて精鋭17名サッカーで汗流す。松下&博行、好守連発。 大学までサッカー部鈴木、「犬は喜び庭駆け回り」状態、この日1日だけはメンバーから「プロ」と呼ばれる。
2011.02.20 R−47決勝TN(対チープウエスト不戦勝)。調子上げてきた一嘉、打たせてとるピッチングで4回完全。練習試合(対チープウエスト14−0勝)。国体予選2回戦(対レッドウェーブ不戦勝)。昔よく戦ったチームに無理を言って試合して頂く。大輔、5回完封で今期2勝目。真田、右打ちで決勝打。今年は振れてる熊本、犠打きっちりで繋ぐ野球ばっちり。練習試合(対縦浜2−0勝) 予定していた試合が1日に2つも流れる珍事。平山、満塁で登場もバンド引いたバットに球当たりフライゲッツーで意気消沈。
2011.02.27 色々な方に無理を言ってグランド、相手を紹介して頂き感謝感謝。久しぶりの9イニングで試合に中だるみの感あるも試合後しっかりチーム課題克服に汗流す。代打平山、今期初安打久々得点でチーム貢献。渡辺、最終6打席目で意地の2点タイムリー。練習試合(対理研産業10−9勝) 主将川添激コケ、ベルトもぶち切れ。メッツ打撃人に好不調の波くっきり、日曜だけバット持っても打てるはずなし、各自の本気の努力に期待。
2011.03.06 今年の第一目標大会は佐伯支部、大竹支部と巴戦。チーム結成400試合目を勝利で飾れず。一嘉、粘りの投球で完投も要所の死球もあり2失点。松下、先制ホームランで流れ呼び込む。西日本(1部)西部地区大会(対広島ガッツ1−2サヨナラ負)メッツ打線繋がり見せず完封負け(対ヒーローズ0−1負) 四死球と失策は失点に繋がり敗因となる。捕手からの指示など今後の修正課題に。
2011.03.13 平山の転勤前最終活動は思い出いっぱい市大グランドで。先週とうって変わりこの日の打線は初回に繋がり見せる。平山、最終回2アウトから登場でお見事センター前タイムリー、試合後は100本個人ノックで優勝の美飾る。大輔、調子上向き3イニング無失点。金本、2番に座り鋭いスイング見せる。練習試合(対ブラックオーシャンズ3−5負)メッツ初日曜日の歓送迎会。期待の新人渡辺&翔太郎、共に熱い抱負語る。平山、チームからの最高プレゼントに感極まる。メッツに平山から3つの格言提示。 この日もただでは終わらない平山、安打後セカンドに暴走で余裕のタッチアウト(詳細はプチメッツで)、一同爆笑。メッツの飛び道具中村、歓送迎会は独自のキャラで盛り上げる。恒例胴上げ時「ち○こばっかり触らずぼくも上げて下さいよ。」
2011.03.20 雨の中アベニューと国体予選。大輔、悪天候でもしっかりゲームメイク。国体予選3回戦(対アベニュー0−1負) 2度満塁好機あり、要所でバンド決まらず。
2011.03.27 まだまだ寒さの残る市大にて練習試合&練習。山村、2打点&全力疾走で猛アピール。内野、中継ぎで無失点リリーフ。大輔&博行、相手チームで参戦も伸び伸びプレーでしっかり安打放つ。一嘉が退団。練習試合(対広島フェニックス7−2勝) 鈴木、全体練習ノックで力みすぎてやらかす。平山なき今ヒストリー右側王者に名乗り上げる。
2011.04.10 ようやく暖かくなった市大で練習試合2試合。翔太郎&内野、初先発でしっかりゲームメイクも要所で痛打浴び敗戦投手に。打者としては2人とも2安打でメッツ打線牽引。捕手兄貴、投手思いのリードでゲームメイク。練習試合(対豊栄体協1−2負、1−3負) 久しぶり参加の貞金、手首の声飛ぶもしっかりしたスイングで存在感アピール。
2011.04.17 7イニングの試合もチームは公式戦の時間をイメージしての練習試合は熟練プローバグループがしっかり仕事。内野、3回から登板も4イニングを無失点で猛アピール。川添、2安打で完全復調。鈴木&マック、代打で登場きっちり安打!兄貴、先週から全く違う打球、完全復調なるか。練習試合(対テルウェルクラブ6−3勝) 大輔、本来の投球できず2回降板、次回に期待。翔太郎、2三振でこの日は意気消沈、草野球の洗礼浴びる、今後に期待。
2011.04.24 強豪を招いて練習試合。金本、2番で2安打でメンバーからの信頼着々。大輔、先週の反省活かし悪いなりに7回3失点でゲームメイク。練習試合(対瀬戸内イナリアンズ2−4負) 中村、期待の連日1番起用も3三振で結果出ず、振りは良好次回に期待。博行、2打席連続見逃し三振。
2011.04.30 東京神宮外苑で県外メンバー黒原と真田が遭遇。 翔太郎は社内で大ハッスル。
2011.05.08 GW最終日の活動は久しぶり9人参加のギリギリボーイズ結成、審判&ランコーなどでメンバー多忙。川添、熱いお茶後悔するくらい暑く感じる。山村、1番に座ってしっかり仕事、2安打2打点4出塁。2番森井、2安打3出塁でこちらも役目果たす。大輔、投手事情考え悪いながらも6回1失点でゲームメイク。川添&真田、若者に負けない2ベースで意地見せる。博行、ライトで落球&ファミスタダイブで捕球、メンバー盛り上げる。練習試合(対ドナーズ10−5勝) 真田「渡辺、やっと仕事落ち着いたか?」渡辺「4月は休みなかったですよ。」博行「休日出勤やらで給料増えたやろ?」渡辺「尋常じゃないくらいもらいましたよ〜。」メンバー全員「唖然、爆笑」
2011.05.15 この日からは公式戦見据え80分ゲームを組んでいく。熊本、無死1,2塁のピンチからの登板もしっかり抑え、打っては完璧タイムリーで久々参加もしっかり期待に応えるところはさすが。代打真田、2ベースで役目果たす。松下、打撃不調の兆しも声でしっかりメンバー牽引。練習試合(対レッドウォーリアーズ4−1勝、3−1勝) フライアウト、次の塁を狙う意識などチーム徹底事項についてミーティング。ホームタッチプレーでの指示など公式戦で致命傷になってからでは遅い。
2011.05.22 メッツ結成2度目市大への救急車発動。練習試合(対広島アローズ0−1負、8−1勝) 肉離れ川添主将も一緒に運ばれる。
2011.05.24 内野の手術が無事成功。内野、点滴打ちながら監督にたばこ買ってきてと小さく頼む。 内野、看護婦さんにライターかしてと頼み怒られるも見事にかりる。
2011.06.05 熊本の尽力で行った事ない河戸八幡グランドにて何とか練習試合が出来る。マック、DHに座わり一人気を吐く2安打でメンバー唖然仰天。翔太郎、休み肩全快で完璧なピッチング、完封で今期2勝目。(対ブルドッグス7−0勝) 前週雨天中止で松下も休み肩炸裂、熊本は休み肩なくナチュラルホーク炸裂で無失点投球継続。
2011.06.12 午後から雨の予報が午前中からどしゃ降り。アップ&グラセン終了も試合出来ず。 今年マック参加日は雪も雨も大当たり。
2011.06.19 雨マック前線今週も活発、雨模様も何とか2試合敢行。マック、守備で好返球タッチアップ許さず。大輔、修正点見つけながらの投球で完投、今期5勝目。中村、代打で強振2塁打&好走塁。練習試合(対アポロ6−2勝)翔太郎、合わないマウンドも仕事きっちり完投で今期3勝目、打っても技あり安打でチーム牽引。博行、満塁から走者一掃のスリーベース、早出練習実る。練習試合(対広島アローズ9−1勝) ただでは帰らない右側狙いか鈴木、相手ホームランをネットに当たって好捕試みるも届かずメンバー爆笑。マック、この日は音なしで猛省。内野へ見舞金徴収、気持ち伝える。
2011.06.26 久しぶりに多数メンバー集まり練習&紅白戦。渡辺、短く持って好機にレフト前ヒット。森井、一人複数安打で好調維持。児玉の後輩井上&中本が初参加。 打撃陣好不調の波有り。ランダンプレーの確認きっちり。
2011.07.03 久しぶりに阿品公園グランドで練習試合。大輔、投手事情配慮し7回完投で6勝目。真田、好相性グランドでサヨナラツーラン。熊本、センターから見事な返球でセンターゴロ完成&地味な叩き2打点もベテランの味。4番博行、ナイスリード&好機にしぶとくセンター前ヒット。兄貴、この日も代打で登場、強烈センター前ヒット。練習試合(対ブラックオーシャンズ6−4勝) 熊本、センターライナー叩き落とす落球。大輔、3打席三振なしで得意顔?真田、主将の一声で全員にジュース振舞う破目に。児玉、この日も音なし次回に期待。
2011.07.10 すっかり真夏日の中、上河内で主催の練習試合。やったぜ熊本、苦節約6年メッツ入団待望の1発はチームを波にのせるツーランホームラン。有、小気味よい直球炸裂で初勝利。川添、奥様の前で満塁から強烈ヒット。松下が退団。克義、欣哉、有の入団が決定。背番号はそれぞれ「9」「24」「28」で決定、各自抱負語る。練習試合(対レッドウォーリアーズ4−1勝) 熊本、「柵越えHR打ったら全員ジュースおごる」先週からのメッツ珍提案の餌食に。博行、過去自分のもHRだと意見で了承、柵越えでないけど来週驕りなさい。
2011.07.17 きびしい猛暑日に市大で練習試合。欣哉、1番を任され猛打賞で勝利に貢献、サインミスもしっかり反省。鈴木、長打含む2安打でアピール満点。川添、3番に座り出塁率グングン上げる。練習試合(対レッドスター5−1勝) 鈴木、走塁ミスでチャンス潰す、なでしこジャパン効果ならず。熊本、第2のエンドランでホーム奪えず反省。
2011.07.24 年間目標試合高松宮賜杯は相手棄権もありメッツ準決勝からの登場、しかも決勝相手は1試合、メッツは準決勝&決勝2試合と酷暑に非情な公式戦。翔太郎、チーム事情考慮し2試合ほぼ完投の熱投でチームを優勝に導く。川添、主将務める最終戦で優勝牽引&ここに来てチーム結成入団後初の柵越え完璧ホームラン。ここぞの一振りにかける男兄貴、決勝戦殊勲のタイムリーツーベース。欣哉、準決勝コールド決める欲しい1本&決勝では勝利へ導くツーベース。金本&森井、堅守でチーム盛り上げる。佳史、無理押し2試合ナイスリードで勝利貢献。晩にある抽選会参加の森井&翔太郎に一同感謝。高松宮賜杯準決勝戦(対バットクラブ7−0コールド勝)決勝戦(対オロチョン2−0勝) 川添、メッツ恒例HRジュース振舞う。児玉、チーム盛り上げ役も結果求められる日々に。7番真田、決勝戦ダイコンギリ決勝ツーベースでメンバー爆笑も手痛い凡エラーを猛省。1番金本、再三の好守もバットはしめる、次回に期待。新主将は兄貴!土曜日の新入団選手歓迎会&祝勝会&主将就任祝いで盛り上がろう!
2011.07.30 新入団選手歓迎会&新主将誕生祝い&高松宮賜杯優勝祝勝会開催。新入団の「克義」「欣哉」「有」がチーム勝利貢献への思いを熱く語る。新主将兄貴、「楽しんで勝っていく野球を継続していこう」と意気込み語る。 児玉、バイト先から「背油の量はこれで足りるか?」との問合せにしっかり回答。真田、前試合の失策いじられる。
2011.07.31 久しぶりにクラゲさんと練習試合。メッツの連勝は「8」でストップ。克義、初スタメンもきっちり安打は打点つき&中継ぎ登板もしっかり仕事。練習試合(対クラゲーズコレクション2−4負) 鈴木、好機の飛び出しを猛省。翔太郎&熊本、ここぞで1本出ず、次回に期待。児玉、この日も三振。
2011.08.21 3週ぶりの活動かと思いきや前日からの大雨で中止。 この日もマックは参加予定・・・。
2011.08.28 久しぶりの活動はまだまだ猛暑の中、小方中学校での2試合は急遽転職で福岡に帰る博行の送別試合に。博行、4番に座り最終戦の勇姿をを家族に見せる。メッツへ激励とお礼の言葉。中村、2試合で4安打放ち野人ぶり大いに見せつける。有、あわや完全試合の完封勝利で2勝目。主将兄貴、打撃復調2安打も投手としてはまだまだ。渡辺、久々参加も2安打できっちり仕事。祥平が5年ぶりにメッツに復帰、背番号は「27」。練習試合(対広島アローズ)練習試合(対中国印刷フェニックス6−5勝) マック、2試合目は相性のいい小方であわや同点を導く落球。スタメン児玉、ヒットへの道のりはまだまだ遠く・・・。欣哉、打撃不調の波きたか、次回に期待。
2011.09.04 大雨もたらした台風が去り風が少し気持ちよく感じる市大で練習試合。有、敗戦投手もAクラス相手に7回1失点の堂々のピッチング。児玉、きっちりバンド&捕手としての万能性見せる。練習最後は全員ダッシュで吐きかけ寸前。練習試合(対バイオレンスジョーズ0−1×負) 祥平、体力の衰え否めず徐々に復活期す。翔太郎、守備もやらかし打撃3タコ、挽回に期待。欣哉、打撃3−0で音なし。
2011.09.11 まだまだ残暑厳しい中、市大で練習&練習試合。出た祥平、復帰後初安打はメッツマニア感涙のセフティバントで。兄貴、投球感覚徐々に感覚掴みゲームメイク。真田、当たり戻り2安打2打点。谷口が初参加。練習試合(対スピリッツ4−5負) 兄貴、満塁から痛恨の送球ミス。中村、自信初の4番も満足いく結果出ず。金本、1番で音なし次回に期待。
2011.09.18 R-47西日本代表決定トーナメントは不戦勝…。雨予想も全く振らず市大で練習&練習試合。「上甲待ってるぞ!」児玉、仲間思いの発案全員で寄せ書き。祥平、全盛時代彷彿させる打撃で逆転ランニング3ランホームラン。川添、満塁からダイビングキャッチでチーム救う。翔太郎、4番にすわり彼女の前で完璧2安打はさすが。山村、技ありセフティバントでチャンス拡大。欣哉、打撃練習で復調の兆しありか。博行、九州に帰る前に最後の挨拶。練習試合(対庚午クラブ4−4分) マック、雨予想も欠席で雨降らずにメンバーびっくり。真田、サイン決めれず1人でツーアウト→即交代。祥平、走塁は全盛の面影なくなり感慨深げ。中村、試合終了挨拶でいいとこどり&レガース装着時独自路線見せる。
2011.09.25 朝昼で寒暖の差が激しく夜露がおりるようになった市大で練習試合2試合。欣哉、4番に座りこの日は守備でスーパープレー見せる。森井、美技&タイムリーでチーム牽引。渡辺、久々参加も左中間突破の3塁打は打点つき。練習試合(対ウッドワン2−2分、4−6負) マック、DHに座り2打席も音なし。山村、繋ぎ役できず次回に期待。熊本、好機に1本出ず努力に期待。
2011.10.02 岡山から対戦相手に来て頂き審判を準備してR-47西日本ブロック代表決定トーナメント2回戦。有、チーム事情考慮し7イニング熱投、再三のピンチも主将兄貴の好リードもあり完封飾り3勝目。副主将森井、あわや逆転許すライト前テキサスヒットを背面キャッチの好守でチームのピンチ救う。4番翔太郎5番欣哉、初回連続タイムリーできっちり仕事、チームに流れ引き寄せる。ファースト熊本、好守でピンチの芽摘み取る。代打で登場谷口、先頭打者として粘りみせ見事出塁。R-47西日本代表決定トーナメント2回戦(対東武ブロッサム2−0勝) 児玉、代打で登場見事安打もヒストリー左側スペース余白なくあえなく右側、試合後フリーでも好守と複数安打で猛アピール。川添&真田、本来の打撃出来ず新旧交代の波にのまれるか、はたまた逆襲見せるか。
2011.10.16 久しぶりの下河内で練習試合。谷口、背番号「26」で入団決定の日に初登板、及第点も本人納得いかず今後に期待。大型新人吉井、初打席で見事なツーベース。翔太郎、約3ヶ月ぶりのマウンドは休み肩でまずまずの投球、次回に期待。熊本、代打で登場もきっちり安打で役目果たす。吉井が初参加即入団表明。練習試合(対ブラックオーシャンズ1−4負) 翔太郎&欣哉、内野の要が揃って悪送球。兄貴、1番に座るも3打席音なし、次回に期待。児玉&渡辺、スタメンも音なし、努力に期待。
2011.10.23 メッツ初、午後より寺迫を借り切って18人で練習&紅白戦。上手、前触れなしに差し入れもって球場に登場、メンバーに感謝と檄を入れる。5回無失点谷口、メンバー舌巻く好投で公式戦登板アピール。吉井、捕手らしい小気味良いリードでアピール満点、背番号は「29」に決定。渡辺、積極的な打撃見せ左中間突破のツーベース。紅白戦(H'mets老人対H'mets若造0−0分) 吉井、ブラゼル似で愛嬌見せ守備練習でメンバーからかわいがり受ける。祥平、好機に見逃し三振、次回に期待。マック、この日は快晴で音なし。
2011.10.30 西日本(1部)準決勝&決勝予定も雨天順延。 連盟日程がますます厳しくなる。
2011.11.06 この日も雨模様で開始が1時間以上遅れて7イニング試合で西日本(1部)準決勝。最終回に逆転満塁HR浴びる漫画のような試合。3番川添4番中村5番谷口6番熊本の4連打で2点先制。渡辺、気を吐く2安打で猛アピール。西日本(1部)安佐支部予選(対バットクラブ6−7×サヨナラ負) 谷口、チーム事情考慮し力投も最終回力尽きる。佳史。最終回ランナー飛び出しマック打席なし。
2011.11.13 10人参加のギリギリボーイズで先週の相手と中国5県(1部)1回戦。有、吉井と組んで見事完投4勝目あげる。祥平、好機にセフティバンド決まらずも単独スチール成功で試合の流れ再度呼び込む。3番川添5番真田7番熊本、若手に負けずロートル三人きっちり安打でチーム牽引。中国5県(1部)1回戦(対バットクラブ2−1勝) 森井、1番起用もフライアウト&見逃し三振で落胆、次回に期待。吉井、4番に座るも好機に音なし、努力に期待。川添、振り逃げ成功もファールジャッジで戻り即三振。
2011.11.19 平山帰広により緊急招集宴会。野球鳥→メイドカフェ(満席入店出来ず)→ビーチクラブの流れ。メイドカフェ店員相手にメッツ九州風雲児が即ナンパも撃沈、後は兄貴御用達チョッパー頼み。平山、昼から独自路線で広島満喫。 3件目は切れ目間違えると大変な店名、川添はバーでも熱いお茶。
2011.11.20 監督不在で兄貴2戦を頭でやりきる。ジャニーズフェイス有、お見事完封で今期5勝目。平山、この日は安打&奇跡フライキャッチと見所満載、2日連続広島満喫。翔太郎、久々登板も小気味良いテンポで0封、前日のショック断ち切る。練習試合(対ウッドワン1−0勝、3−0勝) 児玉、投手できる?出来ます!即回答も野球ルール知らずセットも出来ず、メンバー爆笑も本人3回0封でどや顔炸裂。
2011.11.27 まだまだ暖かい市大で練習&紅白戦。久しぶりのシートノックとサインプレーを確認。渡辺&中村、しっかり捉えた安打で好調維持。副将森井、しっかり振ったスリーベース&快足見せる。中村&金本、紅白戦らしいテンポの良い投球見せる。 久々参加手首兄さん貞金、足もつれ転倒&足つり・・・老け度合いに古株メンバー唖然爆笑。
2011.12.04 コカコーラスタジアム(旧県営)で九州のチームと名主審の下、2試合勝てば京セラドーム決定の試合。翔太郎、今期イチの出来もメッツ打線が援護できず惜敗。R-47西日本代表トーナメント準決勝(対パワーズ0−1延長戦負)http://www.r-47.com/s/riasupo/ 走塁に関してメンバー猛省、再度チーム練習で徹底を図る。
2011.12.11 先週の反省のため精鋭15名が今年最後の市大で汗を流す。 年間御礼のグランド整備は念入りに。
2011.12.18 山には雪が積もるこの時期に可部で今期最終戦。メッツ、再三のチャンスに一本出ず終戦。まだまだ実力が足りないとわかった試合。中国5県(1部)安佐支部予選(対オロチョン3−5負) 12/4同様決勝で控えた有を登板さすことが出来ず一同悔やむ。
2011.12.23 2011年通算成績  全 46 試合( 25 勝 16 敗 2 分け)紅白戦 3 MVP 森井 幸希 2011MVP詳細はこちらから
各メンバー恒例忘年会での総評はこちらから
2012年   ↑上へ
2012.01.18 忘年会で話題になった背番号の変更が確定、MVP森井は「4」・山村「21」・中村「24」・欣哉「11」・金本「26」・谷口「7」に。 新シーズンに心機一転立ち向かう。
2012.01.22 市大にて精鋭が個人練習、翔太郎中心に精力的に活動する。主将兄貴、連盟会議出席で年間予定明らかに。 主将兄貴は会議後市大にて個人練習。
2012.01.29 新年一発目の練習は恒例のランニング中心メニュー(アップ→ダッシュ→サッカー→ころがし&ノック→アメリカン→持久走→ダッシュ)、各自しっかり自分を追い込んでいく。持久走トップは2年連続断トツで渡辺、2位児玉、3位谷口。サッカーは20分ハーフで激戦演じ、最後はPKで勝敗決する。 谷口、幾度も好機で左足ミスキック。チーム内で「舐める」ではなく「ねぶる」がちょい流行。
2012.02.05 先週の練習とはうって変わって市大カチカチグランドで実践練習多数。 渡辺、Vジャンで飛び込みまくり。
2012.02.12 活動から3週目での公式戦はこれまたカチカチ可部グランドで。吉井、トスでバンド顔面直撃も実践は代打の初球を見事なセンターオーバー、好走塁も見せ今年は公約実現に向けてやる気十分。有、マウンドカチカチもまずまずの投球で今期1勝目。国体予選1回戦(対Kウルフ12対2勝、3回コールド) 金本、守備でやらかすも泥んこグランドに言い分けなしの男気、次回大いに期待。
2012.02.16 金本家4女「優心(こころ)ちゃん」誕生。 ますますにぎやかな家族に。
2012.02.19 祥平が婚約、金本が第4子出産をメンバーに報告、チームに吉報で盛り上がりAクラスと国体予選。金本、初回にダイビングスーパーキャッチで流れ引き寄せ、打っては強打でチーム牽引。翔太郎、調子まだまだも4回をしっかり抑え今期1勝目。電池児玉、代打で見事なセンター前ヒット!万能プレーヤー上甲、今日は捕手で登場&打ってもライトオーバー。赤田と大伸の入団が決定、背番号は「20」と「18」。、国体予選2回戦(対ロジャーボーンズ7−0勝、5回コールド) チームとして果敢な走塁が見られるも、まだ所々で走塁ミスがある。自分の判断でプレーを切るのは禁物、常に次の塁を狙う姿勢が大事。
2012.02.26 まだまだ冬の可部で対Aクラス2連戦。打撃に課題を露呈。国体予選3回戦(対エイジング0−3負)1試合空けて練習試合&練習。大伸、初登板も安定した投球見せ1勝目、今後に期待。チームに走塁への意識浸透。練習試合(対ブレスレット4−3勝)。上甲、2試合完全出場でアピール。試合後は主将兄貴、翔太郎が元気良くチーム引っ張る。各自逆方向への意識持って打撃練習。 捕手からの送球、点差を考えてのランナーの意識という点で全体ミーティング。川添&熊本、急な動きは老体に禁物・・・肉離れで離脱。兄貴、復帰中村の強烈打球顔面直撃。
2012.03.04 雨模様の中、久しぶりにお世話になっている市大野球部と練習試合。佳史、チーム久しぶりのタイムリーは2打点ツーベース。赤田、「クルッと」代名詞ひっさげ元気満点、打撃音なしも次回に期待。練習試合(対市大野球部2−2分) 野球の基本が出来ず個々が反省。配球で試合が変わる重要性を意識。打撃練習を重視。
2012.03.11 メッツ貧打線が今日も爆発。練習試合(対Jディーンズ0−1負) まだまだ気温も打線もお寒い状況。
2012.03.18 メッツ年間目標試合。3チーム1勝1敗1分で並び抽選で県大会切符引き当てる。翔太郎、長打含む3安打でチーム牽引。タイブレイクは金本、完璧2安打で勝利呼び込む。ここぞのチーム徹底をメンバーやり遂げる。上甲、代打できっちりセンター前。高松宮賜杯(1部)西部地区大会(対千代田クラブ11−5、9回タイブレイク勝)(対広島ガッツ3−10、5回コールド負) 森井、足に酔っ払い暴走モードで即アウト。祥平、まさかの落球で流れ渡す。大伸&谷口、本来の調子に程遠い投球、次回に期待。児玉、代走で出て代走おくられる珍事発生。
2012.03.20 祥平がめでたく入籍。出会って約5ヶ月のスピード婚。 ショウヘイヘ〜イ!
2012.03.22 渡辺の福山への転勤が明らかになり31日は歓送迎会に。 横浜にて22番奥様に御香典お渡し。
2012.03.23 仕事抜け出し渡辺も参加で楽しい歓送迎会に。 渡辺は福山からおいでとなる。
2012.04.01 広島県大会を控え2週連続Aクラスと対戦。大伸、最終回2アウトまでノーヒットノーランの快投、西部大会での不調を完封で払拭はお見事。森井、1番任され3出塁で仕事きっちり。落球ボーイ祥平、2ヶ月の東京出張決まるも必殺セフバンで役目きっちり。練習試合(対MEC2−0勝) 県大会の人数不足により野手陣再編成が必至に。
2012.04.08 久しぶりにクラゲーズさんと温かくなってきた市大で練習試合。翔太郎、4番に座り2長打3打点でチーム牽引。兄貴、2安打2打点で打撃上昇。川添、遅ればせながら今期初安打は打点付き。谷口、2週から2打席連続の快打。大伸、県大会前にしっかり調整で今期4勝目。練習試合(対クラゲーズコレクション12−3勝) 3番金本&5番熊本、県大会前に調子下降気味もしっかり調整期待大。電池児玉、ムードメーカーも2打席音なし、次回に期待。チームとしてのサインプレー徹底。エラーした選手は「慶幸」扱い。
2012.04.14 メッツ結成12年で2度目の県大会。強豪相手に千代田運動公園でメッツ野球を満喫!?第56回高松宮賜杯広島県決勝大会1回戦(対大柿クラブ6−12負) 全員に敗因要因が出来た試合、今後のチーム活動にしっかり活かそう。
2012.04.21 お世話になったあの方のお墓参りにメンバー10人参加。 お墓参り直後に大雨、しっかり見てるね。
2012.04.22 雨天により練習試合中止も精鋭9人が緑井バッセンに集結。 クルッと大ちゃん、ほとんどの球真横ネットファールで独自の調整法見せる。
2012.04.29 来年も県大会に出ようと高松1回戦は可部で。大伸、危なげなく完封で5勝目。兄貴、2安打で打撃好調維持。佳史、代打で登場見事なレフトオーバー。高松宮賜杯1回戦(対嶽6−0勝) 人数はギリギリボーイズ。児玉、スタメンも2打席音なし。
2012.05.13 市大にて5イニング2試合の練習試合。久々参加上甲、2安打でしっかり存在アピール。大伸弟の竜二が初参加、初試合でしぶとく安打放つ。背番号「8」で入団決定。練習試合(対レッドウォーリアーズ0−0分、4−5×サヨナラ負) 熊本、前進守備ひくも球際弱くサヨナラ負け演出。児玉、「俺はお前の銀行やないんで〜」参加費せびる上甲に一言。
2012.05.20 来年も県大会に出るためぜひとも優勝したい高松宮賜杯。朝一から川添、谷口とのベロチュー悪夢披露でメンバー盛り上がり。振れてきたメッツ打線、8安打10得点で勝利。高松宮賜杯(1部)安佐支部予選準決勝(対ダイキョーニシカワ10−0勝)大伸、準決勝から引き続き3回まで完封も所用で早退、後受けた久々翔太郎も気迫の熱投見せる。高松宮賜杯(1部)安佐支部予選決勝戦(対オロチョン1−1分、ジャンケン4−5負) ジャンケン最後は翔太郎&金本が連敗で万事休す。祥平、代打でさすがの2安打も肉離れ発症で披露宴ピンチ。児玉、サヨナラ好機に打席も結果出ず。
2012.05.27 先週決勝の相手と西日本1回戦。大伸、本調子でないながら2失点の粘投で今期7勝目。ノーヒットなら一線退く覚悟川添、先制口火切る安打含む気迫の2安打。振れてるベロチュー谷口、豪快安打をワイルドにぶっ放つ。佳史、先週の反省も生かし勝利呼び込む好リード。西日本(1部)安佐支部予選1回戦(対オロチョン6−2勝) 兄貴、谷口のワイルドネタがお気に入りなう。最近のメッツはベロチュー、愛ちゃん、ヨシユキ、爆笑ネタが満載。
2012.06.03 新入団の竜二が初スタメン、久々参加の手首貞金、希望者坂本を交えて練習試合。貞金、バント失敗からの強攻は見事なヒット。坂本、代打登場ライト前へしぶとく安打。練習試合(対広島フェニックス3−5負) メッツ打撃陣、チーム徹底事項実行出来ず。市大久々ベーランでしっかりチームの和が強固に。
2012.06.10 公式戦の合間をぬって久しぶりにBBQ。祥平&翔太郎から結婚報告でメッツからお祝い進呈。熊本、自慢の鉄板で料理の腕前披露。大伸彼女、「切れてない」ネタも鉄板。飛び入り参加平野誠はアカペラ披露で場を盛り上げる。 関西から広島に来た初参加青木に対し、メッツ主将兄貴は「やくみつる」命名。
2012.06.16 祥平&たけちゃん披露宴&2次会。広島に帰ってきた祥平が彼女と知り合いわずか半年で披露宴。上手、森、板谷が久しぶりに宴会に参加し現メンバーと宴上げる。 メッツメンバーオゲレツ発言連発。中村、真田に「コーラ持ってこい。」
2012.06.17 メッツ打線がなぜか得意とする下河内で久しぶりの練習試合。やったぜメスライオン中村、前日の酔いが冷め豪快な一発!人生初の柵越えアーチ!真田、センターに放り込むホームラン含む4打点。川添、3方向外野オーバーの3長打。左門豊作似坂本が熱い思いで入団が決定、背番号は「16」練習試合(対アポロ11−4勝) メッツ内野陣崩壊。MVPは兄貴購入黒ビヨンド!?はじき最高で使用者続出。上甲、DHで4打席音なし、努力に期待。入団坂本2打席音なし、次回に期待。
2012.06.24 西部で戦った千代田クラブと市大で練習試合。マネージャー希望みほちゃん、まるちゃん参加でメンバーハッスルもやはりオゲレツ発言連発。好球必打鈴木、右中間へ豪快ツーベースで存在感アピール。黒バット効果か熊本、しぶとくライト前&崩されてもレフトオーバー。練習試合(対千代田クラブ8−2勝) 児玉、フル出場も結果出ず、努力に期待。谷口、振ってもバンドもショーフライ。大伸、9勝目も納得してないはず、努力に期待。打撃不調メンバーの奮起に期待。
2012.07.01 グランド整備始めるもとどめの豪雨で無念の雨天中止。 雨でもメンバー終結でミーティング。
2012.07.07 翔太郎&ゆかりちゃん披露宴&2次会。22時開始でも大盛り上がり。「縁を大事に」 翌日欠席上甲、一人で3次会参加情報。
2012.07.08 ドリームズさんにお世話になり東友オリンピヤードで練習試合。この日は中田兄弟day!兄大伸は1試合目を6イニングながら完全試合、弟竜二は2試合で4安打固め打ち&好走塁で猛アピール。練習試合(対バッカーズ5−0勝、1−0勝) マック&児玉&坂本、不本意な打撃で結果出ず、努力に期待。マック、初顔合わせ坂本に「学生ですか?」と聞かれ困惑する。
2012.07.14 主将兄貴の出欠まとめに載せるエッセイが恒例化。「実力の差は努力の差、本気でするから面白い!」「正しい努力をし、自分の為にもチームの為にも頑張ろう!!」 たまに兄貴から内容について問題が出されるので注意。
2012.07.15 梅雨の合間をぬって市大野球部と練習試合2試合。有、好投も最終回粘り見せられず、2戦目ではサヨナラとなるレフトオーバー放つ。2試合目志願の先発熊本、熟練の投球見せ見事完投で今期1勝目。赤田、しっかりしたスイングでチーム勢いづける安打はさすが。真田、好調持続の3安打でチーム牽引。練習試合(対市大野球部3−3分、3×−2サヨナラ勝) 祥平のミートバイバイ(肉離れ)が思った以上に酷く、猛暑でメンバーギリギリも何とかなるのがメッツ野球の真髄。児玉、サヨナラ勝ちに繋ぐ安打も走塁を猛省。
2012.07.22 まだまだ真夏日ではない市大でAクラスを迎えての練習試合。児玉、翌週スタメンを勝ち取るため相手側に入り翔太郎から安打で猛アピール。吉井、フリー打撃ながら市大左中間グリーンモンスターを越える特大ホームラン。練習試合(対安佐北クラブ1−5負) 大伸、違和感訴え1回途中降板、復調に期待。新婚翔太郎、久々参加大声出して気分爽快。マルちゃん、投げる時足が逆と指摘受け苦笑い。
2012.07.29 猛暑日に寺迫で西日本安佐支部予選決勝戦。ワイルド谷口、「自画自賛です!」と言わしめるスーパーファインプレーでチームの窮地救う。困った時は熊本、チーム事情により登板もさすがの投球で今期2勝目。沖野、熱い思いでチーム見学後入団決定、背番号は「11」、熊本の腕マッサージ。西日本(1部)安佐支部予選(対セルフィッシュ9−8勝) 暑さのせいか7イニング150分以上のしんどい試合。真田、スライディングせず一人だけ刺される。
2012.08.04 左門坂本&ミホちゃん、マルチャン&沖野入団歓迎会&優勝祝勝会開催。オゲレツメッツが炸裂、終始馬鹿話ばかりで楽しい宴会。4人がメッツに熱い思い語る。左門坂本の筋肉質が明らかに、今後の豪打に期待。沖野、いじりキャラ翔太郎をいじりまくり。最後は恒例胴上げ。 「ちょっとロシア入ってますよね?」「はんにゃも入ってますよね?」沖野のいじりに翔太郎タジタジ。
2012.08.05 真夏の小方中で練習試合2試合。この日は投手不在で今期初登板2人が躍動。初勝利沖野、口だけ番長ならずの好投で今後に期待。練習試合(対広島アローズ3−2勝)。主将兄貴、球威戻り完全復調で今期初勝利。練習試合(対アポロ3−2勝) サインミスはチャンスを潰し流れも変えることを再度メンバー全員再確認。打撃チーム徹底事項は最重要。
2012.08.19 真夏の市大に差し入れ持参の平山参上、13時30分集合で14時30分には帰る強行スケジュールも1打席立ってメッツに熱い総評残し帰阪。主将が兄貴から翔太郎に交代、「個人のレベルアップが必須」。副主将は兄貴と森井。佳史、4番に座りしぶとく2安打でチーム貢献。練習試合(対KTC12−0コールド勝) 今メッツ旬の左門豊作に会えて感激平山、強行スケジュールの為北口Dにタクシー呼びつけ、三振後そのまま帰る。道具マニアぶりは健在。
2012.08.26 まだまだ猛暑の市大で2週連続昼から練習試合。谷口、完璧な2長打で猛アピール。川添、いぶし銀の味で魅せる3安打固め打ち。児玉、努力の成果右中間タイムリーツーベース。練習試合(対紙一会8−4勝) 森井、2ストライクになればメンバーからお約束「整いました!」の声。
2012.09.02 この時期に中国5県はメッツ初。一人ひとりが主役のメッツ野球で優勝勝ち取る。大伸、2試合合わせて9イニングを熱投、決勝完封はお見事。兄貴、チーム事情考慮し2試合マスクでチームを優勝へ導く。谷口&熊本、好守と強打でチームを牽引。川添、3安打でベテランのいい背中。来年就職森井、区切りのメッツ最終公式戦で躍動!中国5県(1部)安佐支部予選準決勝(対バットクラブ5−1勝)決勝戦(対セルフィッシュ2−0勝) 赤田、ベンチでもヘッチ被りチームをしっかりバックアップ、走塁では果敢な走塁見せるも走力足りず。真田、全くダメな打撃でチームの足引っ張りまくり。
2012.09.09 マルハン初戦は三原の強豪と。翔太郎、久々登板も5回完封で今期2勝目。代打で登場電池児玉、きっちり決めてチームのチャンス拡大。第6回マルハンDC1回戦(対AZARS3−0勝) 赤田、翔太郎のイジリにも慣れ軽く受け流す。
2012.09.17 朝から広島雨模様も庄原は全く問題なしの天候、祝日15時40分開始でマルハン決戦。またも第2、3,6回参加マルハン2回戦の壁破れず。第6回マルハンDC2回戦(対MEC1−3負)井上、中本、吉井、沖野が退団。 大伸、おじんちゃんの靴バカウケ。スタメン赤田、好機に凡退、次回に期待。チーム徹底事項全く出来ず。
2012.09.30 台風の影響で明け方から雨模様も昼から台風一過の好天。市大は秋ムード一色で問題なく練習&練習試合。ミホちゃん&マルちゃんが久々の参加、チームのためにしっかり動いてくれメンバーもイキイキ!「ミキティ〜!」連呼谷口、少々壊れ気味も中継ぎでは今期イチの出来見せ2勝目。赤田、5番に座り豪打!マルハンの悪夢払拭。練習試合(対ドリームス2−1勝) 好機に一本が出ないメッツ、カープとは違うところ見せる為に個人の日々の努力が必須。ベーラン競争もしっかり。電池児玉の背番号が「6」に変更。
2012.10.02 真田家次男「一徹君」誕生。 ちなみに阪神ファンで巨人は大嫌い。
2012.10.07 めっきり涼しくなった市大で練習試合。サドンデスも練習させてもらう。練習試合(対千代田クラブ0−0分) 鈴木、3三振もしっかり強振の結果、次回に期待。
2012.10.14 約半年振りの運動となる貞金緊急招集。久しぶりの9人ギリギリボーイズ結成で寒いくらいの湯来中央グランドで練習試合2試合。兄貴、5回参考ながらノーヒットノーラン達成。4番谷口、2試合で2長打3打点でしっかり結果。練習試合(対アポロ4−0勝、ブラックオーシャンズ1−3負) 兄貴、前日乗込みで気合満点。谷口、2三振を猛省。児玉、助っ人含め3試合出場5打席音なし。貞金、腰痛?2試合音なしも背中でしっかりチーム貢献。
2012.10.21 雲ひとつない快晴の中久しぶりの阿品台グランドで練習試合。両マネージャー含めランニングと景色最高高台で竜二インストラクターの下入念ストレッチ。試合前に森井の三振があとひとつで入団新記録を更新することが判明。兄貴、完璧スタートで2盗塁成功。真田、打撃上昇の2安打3打点。練習試合(対レッドバルク6−3勝) 熊本、攻守で精彩欠きいじられまくるも、来週は総仕上げのつもりでしっかり挑む覚悟。祥平、打撃不振も努力で払拭なるか。ミーアキャット兄貴、マウンド&ボックス掘りまくる。
2012.10.28 雨もあがり久しぶりの佐伯スポーツ公園野球場で西部選抜。好機に1本出ないメッツ貧打線が爆発、フライアウトの山築く。試合後のミーティングでいい意見出たのがせめてもの救い。広島県西部選抜(1部)(対ウッドワン2−1勝、対広島ガッツ0−6負) 大伸、試合欠如で決め球甘く。祥平、絶不調続きいじられる。マルチャン、ヌルッとコケかける。
2012.11.04 先週の反省うけチーム徹底事項を意識し市大で練習試合。翔太郎&兄貴、ほぼ完璧なリレーで磐石体制。佳史、バッテリーミス撲滅意識きっちり、ナイスボディ連発。チームとしては久しぶりに納得のいく試合。練習試合(対バイオレンスジョーズ5−1勝) 赤田、久しぶり参加でまずは自己紹介から。児玉、努力の成果かスイング改造中。谷口、ワイルドに2三振。
2012.11.05 真田、高知県へお墓参りに。 またお参り後に雨降り出す。
2012.11.11 コウゴクラブの練習試合組むも雨で中止。 久しぶりに集合もなしの雨模様。
2012.11.18 寒くなった寺迫で初めての秋季大会。翔太郎、大事な公式戦でしっかり仕事、遅ればせながら今期3勝目。熊本&佳史、右方向に強い打球をしっかり意識、共に2安打でチーム牽引。安佐支部クラス合同秋季大会2回戦(対ブレスレット4−2勝) 谷口、失策に加え一人盗塁刺される。鈴木、ぎっくり腰おしての出場もアウティバンド炸裂。
2012.11.23 雨予報も雨降らず、第7回H'metsゴルフコンペ開催(東広島CC北コース)。翔太郎、5回目のラウンドもあわや100切るセンス見せ、鈴木&森井を撃破。2回目の参加真田義弟幹治が貫禄のグロス優勝。(幹治82、真田86、中島104、翔太郎105、鈴木109、森井114) 森井、ふがいない結果に東京行く前の再戦を懇願。鈴木、腰痛明けもグリーンに頭悩ませる。初参加中島、奇跡のツーバーディ。
2012.11.25 まだまだ極寒には程遠い可部で秋季大会3回戦。主将翔太郎、ゴルフの勢いそのままに、ここぞの試合で完封はさすが。兄貴、1番に座り2犠打きっちり。安佐支部クラス合同秋季大会3回戦(対安佐北クラブ1−0勝) 熊本、フライに目を切って追うも尻もち失策。兄貴、秘密の小銭入れ存在明かす。
2012.12.02 雨も振り寒くなった市大にて練習試合。左門坂本、入団半年も仕事の関係で残念ながら今日が引退試合、ラストは爆笑恒例個人ノックでユニフォーム脱ぐ。「一番印象に残っているのは?」「優勝できたことです!」大阪から参加平山、左門惜しむもメッツの進化ぶりに納得の様子。大伸、結果欲しい悲壮感漂わせる投球見せ5回を0封。練習試合(対ブルースターズ0−1負) メンバーバット湿り淡白な攻撃、メッツ貧打線が爆発。ラストノック左門、舌出しパフォーマンスもあり、「最後の打席は?」「強烈なセカンドゴロです!」
2012.12.09 予定していた秋季大会準決勝&決勝戦は雪のため中止。 完全に渡米中副将兄貴の呪いです。
2012.12.16 今年も連盟最終日まで野球できる、またこのチームで1年間野球ができた喜びを感じ、雨も上がった可部で強豪と戦う秋季大会準決勝。赤田、最終戦1番起用は期待の現われお見事安打で結果残す。4番サード谷口、頭をホッチキスで5針縫う大怪我も、全然OKと野球好き丸出しでプレー。安佐支部クラス合同秋季大会準決勝戦(対アベニュー1−3負) 翔太郎、抜けた変化球を痛打、来年リベンジに期待大。マック、最終戦チーム最終打席「あの球は歯が立たない、想像より速かった。」川添、3三振でシーズンエンド。
2012.12.22 2012年通算成績  全 46 試合( 28 勝 14 敗 4 分け)  MVP 桝本 考司 2012MVP詳細はこちらから。
各メンバー恒例忘年会での総評はこちらから
2013年
2013.01.27 チーム結成13年目にして安佐支部Aクラス昇格が総会にて決定。午後からは真冬の市大で主将翔太郎考案メニューでしっかり汗流す。恒例サッカー&持久走もきっちり。持久走1位谷口、2位児玉、3位真田。坪井が参加、竜二が就職により退団。 MVP兄貴、むっくり太って登場。谷口、去年の左足に続き今年は右足も全く不発、好機逃しまくる。。今年もおじいちゃんキャラか大伸、運動量少なく見せ場作れず。
2013.02.03 真冬でも寒くない市大にてマネージャーも参加でみっちり練習。この日もダッシュきっちり、ティ打撃とノックは長めに時間をとって各自調整。山村が久々参加。淀川、前田が参加。 大伸、フリー打撃中レフトの守備で地味に股間直撃悶絶。マルチャン、GAPアピール満点。
2013.02.10 前日19時に国体予選相手棄権の考えられない連絡、急遽市大での練習に切り替え精鋭きっちり参加。国光が参加。 ノック、打撃練習を綿密に。個人練習でも各自精力的に汗流す。
2013.02.17 寺迫で練習試合。兄貴、2安打で良いスタート。谷口、ショートでダイビングファインプレー。一馬の入団が決定、背番号「15」。森野が参加。練習試合(対ブレスレット3−3分、1−2負) 谷口、ランダンプレーで追いすぎ。上甲、2試合スタメンもバット奮わず。
2013.02.24 国体予選3回戦はAクラスとの対戦。大伸、序盤からしっかり飛ばし持ち味発揮。中村、逆風切り裂く強打あと数センチでスタンドインもバンド失敗猛省。国体安佐支部予選(対アベニュー1−2負) 兄貴&川添、セカンドゴロ後逸で2塁打に。翔太郎&佳史、次回に向けて反省。要所でバンド決まらずジエンド。真田、試合前におかまほられ愛車は事故車に。
2013.03.03 まだまだ寒さの残る可部で年間目標試合の西日本(1部)西部地区大会。祥平、内角をうまく回転ジャストミート!生涯初の柵越えアーチはサヨナラホームラン。西日本(1部)西部地区大会1回戦(対レッドバルク3×ー2勝)決勝戦(対ウッドワン4−6負) 大事な試合の連戦で練習不足、チーム課題克服出来ず。チーム中軸打線も音なし沈黙。各自の奮起に期待。
2013.03.10 温かくなってきた市大で花粉、黄砂、PM2.5蔓延しまくりの中練習試合。兄貴、来週を期待させる投球で今期1勝目。谷口、コンパクトスイングで復調気配。練習試合(対広島フェニックス3−1勝) 打撃王でならすマック、期待の今期初打席は安打出ず。
2013.03.17 森井のメッツ最終戦は寺迫での県大会をかけた西部地区大会。金本、1試合目だけの参加も2安打で貢献。佳史、打球顔面直撃もチーム思いフル出場。高松宮賜杯(1部)西部地区大会1回戦(対広島ガッツ2−4負)出たぞ谷口、バンド失敗後弾丸ライナー2ランホームラン。6回降板までほぼ完璧今期2勝目。森井、最終戦で満塁から粘ってのレフト前ヒット。山村、ライトゴロ演出で流れ引き寄せる。高松宮賜杯(1部)西部地区大会2回戦(対ジャストライク3−1勝)3チームが1勝1敗で並び去年3/18と同様、真田2年連続奇跡で県大会の切符引き当てる。試合後、今年就職の森井&児玉&大伸、胴上げ。 大伸、好投見せるも中盤3ラン打たれ降板。今やムードメーカー谷口、試合後「森井を手ぶらで帰す訳にはいかねー」と決め台詞もしっかり噛んで大爆笑。マック、紺ストの上にオーバーストッキング、野球の詳しいことは聞かないで欲しいらしい。
2013.03.23 森井&上甲送別会&森野歓迎会&県大会出場祝勝会は23人出席で盛大に。新社会人6人にチームからネクタイ贈呈。最後は平和大通りまで出てお決まり胴上げ。 メッツを巣立っていく若者に感慨深げ。谷口、AKBモノマネ最高。
2013.03.24 盛り上がった翌日も県大会に向けて市大で上甲送別試合。県大会真田欠席により主将翔太郎がチーム頭に。竹田&田中が初参加。練習試合(対ブレスレット2−4負) 貧打線満開でヒットは谷口の1本のみ。上甲、児玉、大伸がスタメン揃い踏み。
2013.03.31 Aクラスに上がったので天皇賜杯に初出場、安佐北に勝ったらアベニューと対戦となる無茶な1日。総評要員赤田、9番スタメンでしっかり結果残す。前田の入団が決定、背番号は「8」。天皇賜杯安佐支部予選(対安佐北クラブ4−6負) 大伸、翔太郎の後うけた中継ぎも4失点の背信、次回からの巻き返しに期待。
2013.04.07 雨があがる予報なので水とりから県大会見据え、可部運動公園で練習後終始雨の悪天候、極寒の中で練習試合。中継ぎ谷口、雨の中3回から6回までを完璧投球。佳史、右中間突破の2点タイムリーで好調維持も足進まず2塁タッチアウト。 グランドを貸していただいたブレスレットさんに感謝。簗瀬、キューバ思わす赤ユニフォームで初参加。
2013.04.13 高松宮賜杯第57回全日本軟式野球大会(1部)広島県決勝大会1回戦(対福山消防1−4負) 去年と同様千代田グランドで試合、真田欠席。
2013.04.28 西の軽井沢ならぬ別荘地広がる吉和グランドで練習試合。マック、2年ぶりの安打はクリーンヒット。岡山から児玉、凡ミスありも長打ありの2安打。先発翔太郎と谷口が完投で勝ち投手に。川添、遅ればせながら今年初ヒット。前田、ショートでファインプレー。メッツ打撃陣、日頃ない4連続安打で復調気配。練習試合(対広島アローズ3−2勝、5−2勝) 児玉、人生最大の活躍も愛ちゃん車でお眠り。翔太郎&谷口、きっちりHR浴びるのが今年の難点。まだまだ細かいミスあり、走塁&進塁打に課題を持って。
2013.05.06 金子家長女「葵(あおい)ちゃん」誕生。 早くも電池より野球センス抜群の予感。
2013.05.12 GWも空け久しぶりに午後から市大で練習試合。練習試合(対コウゴクラブ6−3勝) 児玉、この日も安打でまさかの首位打者あるか、ないない。真田だけ盗塁アウト。
2013.05.19 連盟より雨天決行の連絡あるもアップして試合前に試合中止。 サブグランドでしてるゲートボールは中止になってないのに・・・。
2013.05.26 梅雨前に前週中止になった公式戦。翔太郎&兄貴、チームを勝利に導くリーダーシップ見せる。チーム徹底事項の確認も反省点あり。兄貴、5回から緊急マウンドもきっちりゲームメイクで今期3勝目。120分ゲームも6回までしかいかず7回はタイブレイク。広島県知事旗西日本安佐支部予選1回戦(対安佐北クラブ8−7勝ち) 児玉電池、「今日は相手が左投手なので僕はベンチスタートでした。」と試合結果報告。真田欠席。
2013.06.02 集合して待機するもまたもや雨天中止。 最近のメッツは深刻な人数不足。
2013.06.09 負ければメッツが長年戦ったBクラスに別れを告げる中国5県(1部)西部地区大会。大伸、今期1番の出来で7回1失点の好投。主将不在、人数難の中8回タイブレイクにもつれ込むも敗戦。5/26の再来なるか兄貴、タイブレイクで代打登場も不運のライナーゲッツー。中国5県(1部)西部地区大会(対千代田クラブ1−3負) 赤田、復帰即スタメンも肉離れで交代、熱い総評でチームに貢献。佳史&真田、好機に凡退。メッツ人数不足で救世主現るか!?
2013.06.16 結成以来の人数難により浩二&貞金が緊急参加の中、試練の西日本兼県知事旗。浩二、数年ぶりの参加もきっちりツーベース&好リード、日頃の努力が必要とメンバーに警鐘鳴らす。前田、打撃復調の気配、今後に期待。波多野の入団が決定、背番号「29」。西日本兼県知事旗安佐支部予選(対モルテンKC0−2負) 貞金、代打で登場しっかりライト前も昔の脚力なくライトゴロ。真田、満塁好機に空振り三振&バンド処理は奇跡のスルーアウト。
2013.06.30 久しぶりに市大野球部と練習試合。メッツは参加9人ギリギリボーイズ。大伸、今期1番の出来で7回1失点、日頃の努力が実りだしたか。祥平、2番に座り2安打でチームに貢献。練習試合(対市大野球部1−1分) 赤田、半月板損傷で審判要員も蓋を開けたら参加9人でスタメン出場、きっちり戦力&素晴らしい総評。
2013.07.07 梅雨最後の雨も整備をして強豪との練習試合、メッツ参加は10人で同支部同クラスの相手に失礼な結果にならないように踏ん張りたい試合。翔太郎&兄貴、打撃復調の気配見せる。練習試合(対アベニュー0−8負) 怪我おして代打鈴木、最終打者で登場も突然の大雨、初球DBも泣きの一打席は豪快な空振り三振。
2013.08.04 雨天中止もあったが1ヶ月も野球出来なかったのは初めてメッツ。真夏でも少し涼しい下河内で練習試合。佳史、エンドラン強振で2点タイムリーツーベース。真田、好相性の下河内で2ランホームラン。投手陣は翔太郎−兄貴−谷口のリレーでまずまず。練習試合(対アポロ5−2勝) 前田、送球難でるも克服必至、1番定着に期待。若武者波多野、4打席も音なし、努力に期待。
2013.08.18 アポロさんにお世話になり盆前盆明けと下河内で練習試合を組んで頂く。庄原から参加大伸、遅ればせながら中継ぎで今期2勝目。祥平&翔太郎、2安打で好調維持。川添、前試合の借り返す
2安打で存在感アピール。波多野、バント出来ず強攻で初ヒット。田主が初参加。練習試合(対アポロ7−6勝)
半沢影響丸ウケ谷口、「倍返しだ!」連呼も打撃奮わず次回の10倍返しに期待大。児玉が欠席なら野球が出来て参加なら雨で中止ばっかり。
2013.09.01 コウゴクラブさんとの試合は連チャンで雨天中止に。メンバー市大集合で久々ミーティング。11月3日、広島国際マラソン10kmにチームとして参加することを発表。 大伸の田舎就職先銀行では1日に窓口に5名程度しか来ないことが判明。
2013.09.03 広島国際マラソンは申込直前に締め切られあえなく断念。 来年は皆で参加しよう。
2013.09.08 2週連続雨天中止の練習試合は3度目の正直でやっと開催。腕っ節益本昇治が初参加、初打席はあわやグリーンモンスター攻略のレフトオーバー。練習試合(対コウゴクラブ4−2勝) 全員でセンターから右への打撃意識づけ。赤田、この日は音なし次回に期待。
2013.09.15 この日は4年間メッツで頑張った中村和広の引退試合。引退試合で強打の2打点ツーベースを放つなどメッツマニア釘付けの打撃見せる。最後はベーランと個人ノック&胴上げ。練習試合(対アポロ7−4勝) 腕っ節益本昇治、この日も非凡な打撃センス見せるも走れないことを露呈、改善に期待。中村、最後の総評はこちらから
2013.09.22 メッツに笑劇走る。中村、先週の引退宣言を撤回!試合ではレフトでスーパープレー。兄貴、6回をしっかり投げぬき今期4勝目。大伸、タイブレイクも自ら志願登板、今期3勝目はお見事完投。一馬、守備で同点阻止する強肩披露、最近のチーム貢献は計り知れない。真田、2長打3打点できっちり仕事。練習試合(対広島フェニックス1−0勝、0−0分タイブレイク4−3勝) 中村のラスト総評を試合前に爆笑披露。メッツに欠かせないムードメーカーが帰ってきた事は嬉しい限り。ラストノック、胴上げはなんやったんや?
中村復活の総評はこちら
2013.10.06 公式戦と岡山遠征を目標に市大で練習試合。投手陣(翔太郎、兄貴、谷口)好投で明るい兆し。波多野、ダイビング及ばずメガネ壊す。祥平、守備でしっかり仕事。打撃好調一馬、レギュラー取りへチームに貢献。練習試合(対バイオレンスジョーズ0−1負) 痛い走塁死波多野、メンバーにアピール必至。試合後のダッシュで祥平&前田死にかけ。
2013.10.13 久々可部運動公園で練習試合2試合。前田、1番に座りチームの期待一身に打撃復調気配。練習試合(対三和クラブ1−5負)、出たぞ4番谷口、初回に先制3ランホームランは努力の賜物。大伸、自身の今期勝敗を五分に戻す好投、今期4勝目。児玉、2安打で存在アピール。練習試合(対広島フェニックス5−1勝) 2試合目にチーム内打撃意識改革出る。今後に期待大。なんと児玉の今期首位打者が見えてくる。
2013.10.20 あきらしくなってきた市大で精鋭13人が練習。 大事な試合控え全員懸命。
2013.10.27 Aクラスにあがって1年目で何とか決勝の舞台にと臨んだ今年最後の公式戦。5回に奇跡で逆転するも6回に力の差が出る。主将翔太郎、ライトに同点タイムリー。マック、今シーズン初安打はラッキー内安打。中国5県都市対抗準決勝(対アベニュー3−8負) 兄貴、初回の立ち上がりに悪い癖でる。一馬、追い上げムード止める赤松波の飛び出し。
2013.11.04 Aクラスに上がりチームが意気消沈ムードを打破するべくチームで広島マラソンに申し込むも締切、急遽Jサンタ大会に出場。倉敷水島での試合でもマネ2名含め18名が参加。メッツ創始者の1人上手も応援に駆けつける。大伸、コーナーワーク使う持ち前の投球で完封。兄貴、好機にライト前2点タイムリーで勝負強さ見せる。代打で登場熊本、レフトオーバーで若手に喝。Jサンタクラブ2回戦(対ブラックタイガース6−0勝)主将翔太郎、2安打でチーム牽引。Jサンタクラブ中国大会決勝戦(対SouthBeans1−5負)来年から監督が真田から桝本兄に変わる事を発表。 兄貴、決勝の舞台登板も思いの投球できず降板、課題として来年に期待。真田、監督最終打席はあわや本塁打も高い?フェンスにあたり1塁打、2塁では牽制死、劇場の終焉。兄貴胴上げ、真田上げてもらえず。
2013.11.24 目標とする今期の試合もなくなり3週ぶりの活動。来年の新体制に向けてまた最高の忘年会を迎えるため精鋭11人で練習&練習試合。打撃好調佳史、メッツの中枢担う。一馬、センターで堅実な守備。練習試合(対広島アローズ1−1分) 中村、久々参加も野人の打撃見せる。好機に1本出ないメッツ貧打線が今日も爆発。
2013.12.01 監督真田最終対外試合はことごとく公式戦で敗戦した相手で締めくくり。市大から久しぶり服部&石田が参加。練習試合(対広島ガッツ3−4×負) 真田、最終打席でありえないゲッツー、石田に回らずジエンド、劇場再終焉。
2013.12.08 今年最後の活動は16名参加の市大で練習&紅白戦。児玉、夜勤終わり岡山から駆けつける。最後はメッツ恒例、持久走&ベーランでメンバー全員息絶え絶え。持久走トップは中村、2位谷口、3位児玉。活動後、メッツの重鎮4名(川添、鈴木、マック、熊本)からチームへメッセージ(詳細は中村の総評で)。服部が入団表明、背番号は「9」。 波多野、彼女の前で躍動、次回は安打に期待。真田、一打逆転の場面で最終打席、味方の金本守備でダイビングキャッチで試合終了、劇場の再々終焉。
2013.12.21 2013年通算成績  全 36 試合( 17 勝 15 敗 3 分け) 紅白戦 1  MVP 谷口 卓司 2013MVP詳細はこちらから
各メンバー恒例忘年会での総評はこちらから
2014年
2014.01.19 桝本新監督の下、例年より早くスタート図るも大学センター試験の為ストップかかる。 来年以降も1月末からスタートだね。
2014.01.26 午前中総会でシーズンの日程明らかに。午後は時折雨&雹が降る市大で今シーズンの新体制メッツがスタート。ノック、ロンティ、走塁と新監督の練習メニューに沿っていい練習に。最後はメッツ初の市大外周で全員足パンパン、1位中村、2位児玉、3位谷口。 波多野、壇蜜との破局明らかにする。プロフィールの今後はいかに。児玉&大伸、率先してのベース洗いは素晴らしい。
2014.02.02 市大にて今年初の練習試合は兄貴新監督初采配。熊本、打撃も好調、今年は首位打者あるか。翔太郎、要所しめる好投。田村が初参加。練習試合(対レッドスターズ1−1分) 田主、ライトゴロ差せず。兄貴の肘痛が心配。波多野&金本がインフルエンザ。
2014.02.09 大雪で全国が大荒れ。市大も真っ白で野球が出来る状況になし。 メンバー集合ミーティング後解散。
2014.02.16 この時期に市大にて強豪と2試合練習試合。投手の踏ん張りで何とかがゲームを作る。大伸、守備での失敗をこの日は打撃2安打でとりかえす。兄貴、捕手で2試合機敏な動きでしっかりゲームメイク。一馬、外野手グラブで2塁手もきっちり仕事。練習試合(対アベニュー3−3分、1−1分) 大伸、不慣れなファーストでありえない失策、2点献上で本人猛省。中村、フライ守備反省も練習で見事な動き。
2014.02.23 新監督、主将抜きで今年初の公式戦国体予選2回戦。相手は昔激闘繰り返した縦浜から名前変えた相手と。本日学生生活過ごしたアパート引越し一馬、最終じゃんけん制し「やっとチームに貢献出来た・・・!」田主、1打席目の借り返すタイムリー。国体予選2回戦(対フリースタイルズ2−2、じゃんけん5−4勝) 大伸、最後ヨレヨレながら何とか完投、課題しっかり見つかる。じゃんけん詳細、谷○熊×佳○大伸×仲○大輔×服部○金本×一馬○。
2014.03.02 暖かくなった市大で9人ギリギリボーイズ、2試合練習試合。気候は暖かくなっても溜まっている水抜きの水は非常に冷たく手が痛い。代打で登場野人打撃中村、満塁から2点タイムリーツーベース。谷口、努力の成果くっきり打撃調子上昇、投げては2試合目を完封、エースあるか!?練習試合(対広島アローズ0−2負、9−0勝) マック、生涯初の2試合スタメン、惜しい打撃見せるもノーヒット。中村、ニューアップシューズに興奮でスパイク忘れる。打撃最悪真田、人生8割サードゴロ。
2014.03.09 まだまだ寒い市大にて初参加、希望者も入れて9人ギリギリで練習。嘉賀が初参加、今後に期待。田村が打者として可能性見せる。服部の入団が決定、背番号は「9」。 1時間以上かけてグランド整備。学生も喜んでくれるといいが。
2014.03.16 嘉賀の入団が決定、背番号は「28」。打撃絶好調佳史、この日は猛打賞でチーム牽引。マルチプレーヤー金本、多忙の中も力抜け2安打でアピール満点。嘉賀、実践即安打で監督嬉しい限り。練習試合(対エイジング5−1勝)。田村の入団が決定、背番号は「19」。 エース宣言谷口、無失点記録止まる。桝本&祥平&真田、打撃暗闇からいまだ抜けず、努力に期待。
2014.03.23 Aクラスが2チーム初戦で負ける波乱の国体予選。メッツも初戦はじゃんけん勝ち・・・。佳史、バット打出の小槌状態、この日も完璧マルチ安打。桝本監督&大伸、隙を見せない投球で無失点継投。メンバーの背中見て成長児玉、こそっとヒットは打点つき。赤田、代打登場強振安打でアピール。国体予選3回戦(対ダイキョーニシカワ11−0、5回コールド勝) 波多野、チャリ1時間で寺迫も結果出ず、次回に期待。中村、この日も5番で期待感満点、努力に期待。マック、打撃結果出ず、打撃王出撃決定。
2014.03.30 波乱含みの国体予選は準決勝をCクラスと戦う珍事。メッツも昔、Cクラスでここまで来たよなと思い出す。高見の見物ムードも最終回にまさかの6失点でメッツも波乱に巻き込まれるチーム史上に残る試合に。中村、得意の低めを野人打撃で先制点もらたす。1番金本、さすがの技あり右打ち。嘉賀、今後の期待匂わす公式戦初安打。国体安佐支部予選準決勝(対クレインズ5−7負) 大伸、チームの期待一身に受けるも結果残せず背信、努力に期待。翔太郎、最終回緊急再登板も冷えた肩で相手にきっちり捕まる。
2014.04.06 雨模様の市大は相手が先に来て先に水捌け、メッツの今後に課題。練習試合(対バイオレンスジョーズ、ノーゲーム) 児玉、岡山から1時間前到着で水捌け、チームに無言の背中見せる。
2014.04.13 メッツ、勝つのはこの試合しかなかった試合で要所に一本でず、サインプレーも決まらずタイブレイク敗戦。嘉賀、大事な試合で見事なライトオーバータイムリー。天皇賜杯準決勝(対アベニュー、8回タイブレイク2−3負) メッツの課題浮き彫り、好機の1本、サインプレーも決まらず新監督打つ手なし。
2014.04.20 メッツ打撃陣復調気配、格下との練習試合だけはきっちり打つのが流行り。谷口、今季2勝目でチームを叱咤激励。服部、捕手としてしっかりチーム牽引。練習試合(対ブルドックス7−0勝) 相手緩急投手にチームとして全く対応できず、攻略手段もなし、今後の課題。
2014.04.27 すっかり春の陽気で暑いくらいの市大で練習試合。佳史、打ち出の小槌は今日も健在、メッツ記録か4安打4打点で打撃陣引っ張る。金本、ダイビングプレー含みこの日もハッスルプレー。大伸、課題克服へ5回を無失点。練習試合(対アポロ、11−1勝ち) マック、急所付近のデッドボールに一同爆笑も2打席音なし。大伸の破局明らかになり、波多野はほくそ笑む。
2014.05.11 紅白戦予定も予定より人数集まらず練習に切り替え。入江、永田が初参加。 入江、今回のチームは消滅しないよ。
2014.05.18 市大で練習後、新入団歓迎BBQを開催。嘉賀、服部、田村の歓迎会を企画も服部&田村が急遽欠席、入江と永田の入団が決まったので2人の歓迎会も同時開催。練習はノック中心でコーチ川添がしっかり外野手の心得伝授。マック、美味しいお肉を調達。背番号は入江が「17」、永田が「21」。 新入団バット2本持参入江がスピードガンを持っていることが判明、平山以来の道具マニアか。久しぶりのメンバーの集いは楽しい。
2014.05.25 涼しい下河内で練習試合2試合。久々登板監督兄貴、翌週に繋げる内容でしっかり完投、今期2勝目。(対アポロ0−2負、対広島ガッツ3−2勝) 谷口、食あたりで欠席、BBQ生肉原因か。児玉、センターでトンネル。大伸、要所での甘い球痛打は今後の課題。
2014.06.01 早くも今期3大会目の県知事旗兼西日本。打撃上昇も要所で抜いたプレー&サインミス。チームの意思疎通、課題徹底が出来ておらず。嘉賀、スリーベースは自己判断なしのナイス走塁、チームに喝入れる。佳央&田主もツーベースでチームに追い風。監督兄貴、4回途中マウンドで腰ひねり救急車搬送。県知事旗兼西日本1回戦(対安佐北クラブ3−3分、じゃんけん4−5負) 翔太郎、最終回甘い速球痛打され同店HR許す。田主、エンドランで打球見る凡ミス。2番前田機能せず、次回に期待。じゃんけん詳細、翔×佳×真○添○前×永○嘉×主○谷×。
2014.06.08 練習試合(対広島フェニックス11−2勝)。 打撃陣好不調くっきり。努力に期待。
2014.06.15 広島県北の強豪と練習試合2試合。翔太郎、1番投手で完封、遅ればせながらの今期初勝利、今後に期待大。佳史、翔太郎に勝ちつけるサヨナラ2ベース。練習試合(対三和クラブ1−0勝、0−0分) 入江、好機にライト前かと思いきやのライトゴロ、本人猛省次回に期待。マック、絶好球ファールで次球おしくも三振。
2014.06.22 練習試合組むも雨天中止。前日メンバーに中止の連絡。 大伸、日曜日高速に中止メールに乗って気づく。
2014.06.29 児玉、奇跡の完璧3安打猛打賞、3打点も立派。谷口、今期地味に投球内容は抜群の安定感、今期3勝目。永田、堅実守備&2安打でアピールしまくり。久々中村、代打で野生打撃スリーベースはさすが。赤田、今期脱ナベアツに一所懸命、打点付のライト前ヒット。練習試合(対バイオレンスジョーズ12−3勝) 4番佳史、本日はワンヒットでご愛嬌。翔太郎、投手で痛打浴びる。服部、期待の2番出場も5打席音なし。鈴木、久々登場で四球、次回豪快スイングに期待大。
2014.07.06 市大が急遽使用できなくなり、谷口が中電南原を段取りする試合前ファインプレー。故障兄貴、マックを入れて9人のギリギリボーイズ久々結成。田村が退団。練習試合(対広島ガッツ3回降雨コールドゲーム) この9人での試合は最後まで見てみたかったと雨を悔やみ涙するメッツマニアも。
2014.07.13 久しぶりにどんぐり村での試合エントリーも雨天中止。 新生桝本メッツ、雨中止多いね・・・。
2014.07.20 先週雨天コールドとなったガッツさんと市大で再練習試合。大伸、6イニング好投も打線の援護なく勝星つかず、今後の投球に期待。監督兄貴、巧みなリードで相手の攻撃かわす。久々参加金本、代打で登場もきっちりセンターへタイムリーヒット、健在アピール。練習試合(対広島ガッツ3−4負) 自称エース谷口、この日は制球定まらず絶不調、四球の嵐。マック、9回裏フライ後逸でピンチ拡大。祥平&児玉、満塁から左中間の飛球お見合いしてジエンド。
2014.07.27 この日は副将谷口プレゼンスの海水浴&BBQ。でも大雨・・・、急遽マック邸で8時からBBQ開催。谷口、自ら全段取りの荷物降ろすと、海水浴開催予定だった江津へ一人でGO!一同唖然。なんと13時半に戻って獲得したアワビなどをメンバーに振舞う!一同唖然仰天。大雨の中、佐々木優太&西本淳司も含め盛り上がる。マック母、新鮮な野菜を振舞う。生でいただくとうもろこしのうまさに一同感激。子供たちは水着に着替え大雨の中はしゃぎ回る。 台風接近に伴い、メンバー井全員谷口が「もしかしてだけど、流されてるんじゃないの〜」悪ふざけ。中村、ネタ仕込まれるもウケず、「このあわび、値札ついてますよ〜」の方は結局出来ず仕舞い。
2014.08.24 本当に久しぶりの野球も活動前に大雨、皆でしっかり整備し、土砂災害の犠牲者に黙とうをし活動を始める。西部大会控えた同支部同クラス相手に貧打線爆発。8回裏にすごい雨降り降雨コールドゲーム。練習試合(対エイジング0−1負) 市大グランドも多量の雨含み、少しの雨でも水が浮く。子供が大人になる頃の天候が非常に不安・・・。
2014.08.31 第8回マルハン大会に参加。相手に合わせるメッツの悪いところが出たというか、ただ単に弱いのかわからない内容。児玉、この日2試合目もしっかり野球楽しむ。(第8回マルハンドリームカップ1回戦対天下人2−0勝) 大伸、まずは1試合投げ切る体力が必要。好調永田、珍しく2三振も審判にぶつぶつ言う。入江、やる気満々も死球。
2014.09.07 今週も庄原でマルハン大会2回戦。今日はまぎれもなく永田の日、いろいろあったが決勝タイムリーツーベースでメッツを勝利に導く。本人は猛反省。谷口、先発をしっかりこなし同点に追いつく2点タイムリー。(第8回マルハンドリームカップ2回戦対ツイスター5−3勝) 久々スタメン川添、フライ取れずも2度ともカバーが2塁送球でアウト、本人想定内とご満悦。熊本もレストで久々スタメン。
2014.09.14 メッツ初となる3週連続庄原でのマルハンカップ。永田、チームの勢いつける先制タイムリーもそのあと判定自己判断の走塁ボンヘッド。(第8回マルハンドリームカップ準々決勝対美土里対協1−4負) 満塁からの外野フライ後逸電池、「見えにくかったが取らないと・・・」と猛省。谷口、本来の投球からは程遠い内容。
2014.09.21 急遽お願いして久々宮園公園で練習試合。この日もバットで魅せる永田、今期イチの当たりは2打点タイムリー、道具持ち帰りも率先でチーム牽引。(練習試合対ブラックオーシャンズ2−3負) 大伸、テンポに課題持った投球、時間制ゲームでは立ち上がりの失点が課題。
2014.09.28 久しぶり上河内運動公園で2試合。晩に送別会控えた真田が大爆発、色んな人の思いをのせ奇跡の3長打6打点。吉田が初参加。練習試合(対ツラタンズ2−3負、7−0勝)晩はメッツ主催真田ありがとうの会、県外からも懐かしいメンバーかけつけ大盛り上がり。メンバー&OBから多数プレゼント&メッセージに真田感謝感激。 川添、ありえないプレゼントに一同唖然。日隈、意味深メッセージ。森井&ニコラスのメッセージにメンバー感慨深げ。
2014.10.05 早くも今年最後の公式戦。兄貴、7回1失点で粘るも惜しくも敗戦。メッツ、相手投手に完敗。中国5県都市対抗1回戦(対アベニュー0−1負) 永田、3塁回って足もつれ本塁タッチアウト、同点好機逃す、本人猛省。
2014.10.12 予定していたプライドジャパン1回戦が不戦勝になり助っ人を出して練習試合&練習に。主将翔太郎、3安打で今期チーム最多安打へ爆進。助っ人慣れ児玉、相手チームで投手大伸から含め2安打。大伸、調子よく5回好投で今期6勝目。マック、遅ればせながら今期初安打。佳史、2塁への送球課題きっちり。練習試合(対アポロ助っ人4人入れ4−2勝) 真田、28日の爆発はやはり夢、3打席フライアウトで最悪。佳史、3打席音なし今期序盤の神打撃思い出せるか。
2014.10.19 涼しくなった市大で負ければ今期の主だった試合が終了となる試合。強豪相手挑むも敗戦。プライドジャパン2回戦(対Sanyou Yamaguchi United0−4負、練習試合1−1分) 来シーズンへの課題胸に各自の努力に期待。
2015年
2015.02.01 市大にて2015年の活動開始。入団希望者の江端、河本が初参加し練習。 階段ダッシュで監督の手抜きがバレる。
2015.02.07 市大にて雨と雪のなか練習。バント練習で守備の連携を確認するも、攻撃側のバント失敗が目立ち、課題多し。練習後の階段ダッシュで熊本、仲がぶっちぎり最下位に。 ランナー入江、守備のサインプレーをカンニングして怒られる。川添さん、アップでアキレス腱負傷し、意気消沈。
2015.02.15 金本、チームを代表して総会に出席。残念ながら2シーズンで安佐支部AクラスからBクラスへ降格。東広島アクアスタジアムにて今シーズン初試合。翔太郎、シーズン初戦のマウンドは誰にも譲らず5回投げきり。サインプレー、走塁に課題多く、早く試合感を戻さないと公式戦で勝てないと危機感募る。 怪我人多く、人数ギリギリのため、急遽中村を招集。予定がないなら来なさい。
(編集中) (編集中) (編集中)
2015.06.14 上河内にて急遽、広島ガッツさんと練習試合。相手の走塁ミスにも助けられ、先発大伸が5回まで無失点で粘るも、味方の援護なく、2番手翔太郎が2失点で今季初黒星。チームで徹底したバッテイングを試みるも得点につながらず、試合後にみっちりミーティング。(練習試合 対広島ガッツ0−2負) 右翼手マック、最終回2アウトから相手のウイニングボールをがっちりキャッチ。
2015.06.21 下河内にて初対戦の楽素太RASTAさんと練習試合。各自狙い球をしっかり打って次週の公式戦に弾みをつける。大伸、彼女の前で右中間越え二塁打含む2安打3打点の活躍。谷口、1HR2四球できっちり4番の仕事。先発宇野、制球定まらずランナー出すも要所を抑えて無失点で今季3勝目。初参加の園田と中村(泰)、途中出場。(練習試合 対楽素太RASTA7−0勝) 元祖中村、彼女の前で幸せ太りを活かしたデッドボール。傷心児玉、久々参加で安定の助っ人出場。
2015.06.28 可部にて西日本安佐支部予選の決勝戦。味方のエラーで度々ランナーを背負うも宇野が1失点に抑える粘投。1点差に追いつかれた6回に主将翔太郎の3ランHRで突き放して勝利。課題は多いながらも安佐支部予選優勝を果たし、県大会出場決定!(西日本安佐支部予選決勝戦 対クレインズ5−1勝) 「試合中に審判の言葉に耳を傾けてたら審判同士の関係が垣間見えた、という話」ともゆき真田のすべらない話。吉田、先週の車トラブルに続き、凡フライと凡ギャグにあわやJAF呼び出し。
2015.07.05 梅雨の晴れ間に恵まれ市大にて練習試合。初登板の河本、5回無失点の好投で先発の役目を果たし、先発投手陣の一角に名乗り。少ないチャンスに犠打と四球でつないで相手のエラーで辛勝。(練習試合 対PUMPKINS2−1勝) 2回目参加の折井、しつこいイジリにも若さで対応。「名前は?」「折井です!」
2015.07.12 小雨の影響もなく市大にて練習試合。7四球で出塁機会を得るも、度重なる走塁ミスに加え、散発2安打と打線沈黙で無得点。先発宇野、ボークでの1失点も今季初黒星。園田、中村(泰)の入団決定(練習試合 対モルテンKC0−3負) 吉田、下ろしたてのキャッチャーミットでフルイニング奮闘。前日バッセンで怪しまれながら捕球練習の甲斐あり。
2015.07.19 市大にて練習試合。3投手の継投で1失点に抑えて接戦を制す。中村、サヨナラ打含む2安打で勝利に貢献。(練習試合 対エイジング2−1勝) ATSUSHI改め波多野、再始動。
2015.07.26 可部にて高松宮賜杯安佐支部予選の1回戦。先発宇野、3塁踏ませず1安打完封。先制点とダメ押し点で楽な試合展開だったものの、中押し点が取れなかったことは反省点。(高松宮賜杯安佐支部予選1回戦 対根之谷ライナーズ5−0勝) 川添、試合前にエロ漫談でチームの士気高める。
2015.08.02 炎天下の坂町立北新地運動公園にて練習試合ダブルヘッダー。監督不在のため吉田が監督代行でチームを牽引。主力不在&人数ギリギリの中、勝ちにこだわるも攻めきれず連敗(練習試合 対バイオレンスジョーズ4−5負、1−4負) 波多野、彼女の前で熱投するも熱中症で救急搬送。
(編集中) (編集中) (編集中)
2015.10.18 市大にて練習試合変則ダブルヘッダー。1試合目、先発大伸が好投し1失点完投勝ち。2試合目、チャンスで1本が出ず2点差を追いつくも勝ち越しならず引き分け(練習試合 対クレインズ2−1勝、2−2分) 川添、自打球が目に直撃して一同心配させる。
2015.10.25 宮園公園にて西部地区3チームによる変則ダブルヘッダー。1試合目、兄貴が1失点完投で抑えるも味方が攻撃でチャンスを活かせず。2試合目、先発河本が3回に満塁から長打を許して大きな失点。1試合目同様味方が攻めきれず敗戦(練習試合 対広島ガッツ1−1分、対ヒーローズ1−3負) 入江、試合開始直前にユニフォーム忘れに気づき顔面蒼白。河本に借りてちゃっかり先発出場。
2015.11.01 市大にてダブルヘッダー。1試合目、兄貴が1失点完投で抑えるも味方が攻撃でチャンスを活かせず。2試合目、先発河本が3回に満塁から長打を許して大きな失点。1試合目同様味方が攻めきれず敗戦(練習試合 対ドリームス5−5分、3−4負) 金本、久しぶりの参加で鈍さが気になるも、1打席目にきっちりヒットで存在感を出す。
2015.11.08 市大にて練習試合の予定も雨天中止。 大会に向けて各自でしっかり準備しよう。
2015.11.15 寺迫にて中国5県安佐支部予選の1回戦。先発兄貴、5回完封。先制点とダメ押し点で楽な試合展開だったものの、中押し点が取れなかったことは反省点。(中国5県都市対抗安佐支部予選1回戦 対嶽7−0勝) 吉田、見逃し三振で「絶対ボール!」。真田、絶対ボールモノマネを連呼して自己満足。
2015.11.22 市大にて変則ダブルヘッダー。1試合目、兄貴→金子→谷口の安定の投手リレーで完封勝ち。2試合目、先発宇野が無失点に抑えるも、チャンスで得点できず引き分け。(練習試合 対アポロ6−0勝、対ドリームス0−0分) 翔太郎、2試合4安打で忘年会に向けてラストスパート。
2015.11.29 寺迫にて中国5県安佐支部予選の準決勝戦。先発兄貴、要所を締めて7回完封ナイスピッチング。吉田、2回に併殺でチャンスを潰すも、7回に試合を決める適時打で勝利に貢献。(中国5県都市対抗安佐支部予選準決勝戦 対クレインズ5−0勝) 翔太郎、「絶対ボール!」の再来で4タコ。大ちゃん、半年ぶりの出席で不戦敗の危機を救い、安定のベンチワークで存在感を示す。
2015.12.06 市大にて練習試合。1回に1・2番で先制するものの、その後は無安打に加え四球で出たランナーの走塁ミスが響いて無得点。宇野→金子の完封リレーに助けられ、次週の決勝戦を前に課題の多い辛勝。(練習試合 対広島フェニックス1−0勝) 宇野、2三振を払拭すべく臨んだ最終打席で、サイン見逃しからやっぱり三振。
トップ
トップ

ライン

Ads by Sitemix